自己紹介

■名前
ラリー遠田(らりー・とおだ)

■職業
作家・ライター/お笑い評論家
主にお笑いに関する評論、執筆、インタビュー取材、コメント提供、講演、イベント企画・出演などをやっています。
お笑いについて書いたり語ったりする系のお仕事は、だいたい二つ返事で引き受けます。
お笑い以外の分野でも幅広く編集・執筆・企画構成などをやっています。
編集・ライターとしても割ときっちり仕事をするタイプです。いや、ほんとに。
何でもお気軽にご相談ください~。

■著書
・『逆襲する山里亮太 これからのお笑いをリードする7人の男たち』(双葉社)
・『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)
・『バカだと思われないための文章術』(学研パブリッシング)
・『ダウンタウンvsナイナイ最強考察』(晋遊舎)
・『この芸人を見よ! 2』(サイゾー)
・『M-1戦国史』(メディアファクトリー新書)
・『THE 芸人学 スゴい! お笑い 戦国時代をサバイバルする30人の成功法則』(東京書籍)
・『この芸人を見よ!』(サイゾー)
・『松本人志はなぜ人に媚びず自信満々に成功し続けるのか』(遠田誠著、あっぷる出版社)

■編集・構成
・雑誌連載「フレッシュレモン市川美織の『お笑い芸人になりたいの!』」(『FLASHスペシャル』光文社) ※構成
・ウェブ連載 芸人キックの「第三の目で見るニュース」(TOCANA) ※構成
・『全方位型お笑いマガジン コメ旬』(1~5号、キネマ旬報社) ※編集長
・本坊元児著『プロレタリア芸人』(扶桑社) ※編集担当
・『孤高のことば』(東京書籍) ※編集協力
・京子スペクター著『デーブ・スペクターの作り方』(東京書籍) ※構成

■連載
・「アイツいつから出てんの!?」(『ヤングアニマル嵐』
・「テレビのひとコマ」(『テレビPABLO』
・漫画『イロモンガール』(『ヤングアニマル』白泉社) ※原作担当
・「ラリー遠田のお笑いジャーナル」(日経ウーマンオンライン
・「この芸人を見よ!」 WEBサイト『日刊サイゾー』
・「お笑い芸人サバイバル」 ケータイ版「imidas」
・「笑芸人列伝」 夕刊紙『日刊ゲンダイ』
・「お笑いDVD探検隊!!」 雑誌『東京ウォーカー』(角川マガジンズ)
・「ラリー遠田のテレびっこ」 雑誌『黄金のGT』(晋遊舎)
・「トレンドニュース最前線!」 EZニュースフラッシュ増刊号
・「笑いのひとコマ」 ニュースサイト『ロケットニュース24』

■テレビ出演
・「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ)
・「ヒットの秘密!」(テレビ東京)
・「激論!どっちマニア」(テレビ朝日)
・「ニッポン・ダンディ」(TOKYO MX)
・「新世紀ネタキング決定戦」(TOKYO MX)
・「スッキリ!!」(日本テレビ)
・「クイズ! 新明解国語辞典」(TBS)
・「とくダネ!」(フジテレビ)

■ウェブコンテンツ
・ポッドキャストラリー遠田×梅田カズヒコ「ハマれないふたり」
ラリー遠田の笑いのツボ(Yahoo!ニュース 個人)

■企画・構成
・ショートドラマ「まけるな! ぱんクン」(NHKワンセグ2『青山ワンセグ開発』内)
・DVD『放送禁止!! 最恐芸人の本当にあった怖すぎる話』(日本コロムビア)

■略歴
1979年 愛知県名古屋市に生まれる。関東と関西のお笑いをバランス良く吸収して育つ。
    小学生時代は友人と「加トケン」ごっこに明け暮れる。
    中学時代には放送部に所属。校内放送で自作の漫才を披露。
    卒業生を送る会では「在校生が選ぶ面白い先輩第1位」に選ばれる。
    高校時代には文化祭で友人が演じる漫才の台本を執筆。裏方に興味を持つ。
1998年 東京大学入学。東京の深夜バラエティ番組を満喫。
2002年 東京大学文学部卒業。テレビ番組制作会社に就職。
2005年 勤めていた制作会社を退社。出版業界で編集・ライターの仕事を始める。
2009年 初の著書を出版。トークイベント「お笑いトークラリー」vol.1開催。
2010年 『新世紀ネタキング決定戦』(TOKYO MX)にレギュラー出演。
2011年 自身が編集長を務めるお笑い雑誌『コメ旬』を創刊。
2013年 「お笑いトークラリー」を月1ペースで行うようになる。

■過去の主な執筆・取材・出演媒体
『朝日新聞』『週刊文春』『週刊新潮』『週刊ポスト』『週刊現代』『週刊大衆』『アサヒ芸能』『AERA』『FLASH』『SPA!』『週刊プレイボーイ』『週刊ザテレビジョン』『テレビブロス』『サイゾー』『Quick Japan』『ユリイカ』、フジテレビ、日本テレビ、TBS、TOKYO MX、BSフジ、TOKYO FM、J-WAVE、TBSラジオ、文化放送、JFN……他多数

■連絡先
お問い合わせは、以下のメールフォームからお気軽にお寄せください。
メールフォーム